*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷ったのですが・・・
この日記を書こうか書くべきではないのか、すごく迷ったのですが
自分の気持ちを整理する為に書くことにしました。

暗い内容でスミマセン。

先日、父の担当の先生から『余命三ヶ月』だと言われました。
良い状態だとは、思っていませんでしたが
まだ、少しは自分で食べられるし
ふらふらするけど、ちゃんと歩けるし
会話もキチンと出来るし・・・。

正直三ヶ月は、非常にショックでした。

でも、現実から目をそらすわけにもいきません。
家に帰って自分でも呆れるくらい、ワンワン泣いて
私なりに覚悟を決めた。・・・つもりでした。

だけどそんなに急にシッカリは出来ないものですよね。
正直ここの所、何をする気もおきなくてガックリきてます。

去年、母を亡くしたばかりなのに続くものですね。。。。

それでも、買い物に出かけたり
普段は買わない贅沢なトマト(トマトって所が笑える・でも大好物なの)を食べてみたり
それなりに元気になろうと頑張っております。

三ヶ月って言われたって、もっともっと大丈夫かもしれないし!と言い聞かせてます。
私が倒れてしまったら、どうしようもない状態になるので
思いっきり自分を甘やかしながら、見守っていこうと思っております。
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
私は時々、でもずっと、なぜか読んでいる読者です。
いつも読み逃げですが、週に一度は読まないではいられなくてのぞいています。
だから、お母様のときの辛さもわかり、今回のお父様のことも心配しながら読んでいました。
こんなにものすごく天気がよくて、平和にみえる毎日のなかで、死と向き合う人がいることを私なりに重く受け止めています。
私の父はすでに他界しています。病気かどうか、わかりません。
ただ突然にいなくなってしまいました。
理由を聞くこともできず。
どんな慰めも勇気にはならないと思いますが、私から見ているととてもよく頑張っています。ちゃんと親孝行できていますよ。
残された時間は残酷だけど、でも、残された時間を意識できる幸せもあると思うのです。
どうか、泣きたいときは泣いて。

お父様は幸せな方だと思います。
娘に見守られていることがとてもうれしいはずです。

母であり、娘である、両方の自分と重ね合わせながら、これからも応援しています。
No title
何年か前からずっと読ませて頂いています。
マレーシアへの移住を決め、色んな情報を得ようと検索していた時に貴方のブログに出会いました。
現在、SelangorのSg.Bulohに夫と猫と一緒に暮らしています。

妹さんやお母様の事など同世代の者として泣いてしまうこともありますが、貴方の文章には健やかな強さや救いがあり随分助けて頂きました。
きっと、互いに我儘が言い合える、優しい家庭で育てられた方なのだと拝察しておりました。

私は、人間というものは、歳をとったら色んな辛さや悲しみを受け止めて処理できる能力が、自然に身に付くものと思い込んでいました。
だから歳をとる事が楽しみでした。
でも、50歳になった今も何か事があると右往左往するし、不安や辛さに胸が苦しくなります。
何だか外側だけ年老いて、中身は途方に暮れた子供のままのような気がします。

こんな私が貴方にお話し出来る事などありませんが、
御主人との毎日を大切にしながら、お父様と安らかな時間が過ごせますよう祈っています。
貴方ご自身のお身体も労わってあげてください。


>未公開コメントのMちゃん
ありがとー。
自分の体も気遣いつつ、悔いの残らないように
なるべく笑顔をみせて一緒にいたいと思います。
カキ氷!!!!
今年の夏は特に美味しそうだよね。食べてみたいな~。
>未公開コメントのNちゃん
ありがとう。
まだまだ現実味は全然無いんだけど
でも、現実はシッカリと受け止めて出来ることを無理のない範囲で頑張るよ!
>まろさん
コメントを残していただき、ありがとうございます。
きっと、私なんかよりもっともっと辛い事と向き合って居る人も沢山いるんだと思います。
それでも、自分の事で精一杯になってしまいますね。こういう時は。
もう、毎日ワンワン泣いて
でもお見舞いに行くときは笑顔で。
父が少しでも楽しい気持ちになれるように、がんばります。
>みらんさん
コメントありがとうございます。
マレーシアにお住まいなんですね。
もう日本に帰って来て5年近くになりますが、懐かしいです。

私の育った家庭は、ごく普通の4人家族でしたが
喧嘩しつつも楽しい毎日を過ごしていました。両親には本当に感謝してます。

私も、年齢が大人になれば精神もちゃんと大人になるものだと思っていました。
でも、中身というか精神的な年齢ってあんまり変わらないですよね。
それでも、いろいろ経験値だけは積んで
オタオタしながらも、いろんな事に向き合えるようになるものですね。
残された時間、大切にしていきます。
No title
えっと・・・遅くなりました。夫が連休中帰宅していたことと、何を話せばよいのか。何を伝えても未熟で、どうしたらよいか全くわからなくて・・・。(ほら!もう変な文章だしv-356

でも書いてくれてありがとう。重たい内容ですが決して暗い内容とは思いませんでした。もうこの歳になると親を看取ることは大事なことだと思います。私自身は幸せなことですが健在な両親がいます。ですが逆にからだは元気なのに認知症が進行している母より先に私は逝けないとも思っています。
ただ、まりさん(ゴメンこう呼ばして)。貴女は知的で冷静、だからこそ全て抱えてしまっているのでしょう。ステキな旦那様とは遠く離れていても繋がっています。どうぞ甘えてください。

お父様と過す時間、まりさん自身も焦らず穏やかな時間を過すことができるようお祈りしています。
そして今は私には余裕があります。たまには私にも我がまま言ってください。できる限りの支えになりたいと思っています。
まりさん。とても勇気のいることでしたね、話してくれてありがとう。
とりとめもなく、失礼してたら本当にゴメンね。

また会いましょう~。
>みどすけさん
本当にどうもありがとう。
「両親を看取る」というのは子供の宿命で
決して親より先に逝ってはいけないと思います。
そういう意味では、私は妹の分まで親孝行しなきゃいけないのですが
なかなかの 「ヘタレ」なので日々いろいろ迷っています。

でも自分の器以上の事を頑張る必要はなくて
なるべく一緒に居るとか、話をするとか
そういうことで良いのだな~と最近は思います。

みどすけさん初めみなさんの言葉がとても励みになります。
潰れそうになったら、愚痴聞いてね~!!!
本当にどうもありがとう。
No title
鳥アタマ姉妹だったのに、妹がどんどん大人になっていくよ。
私たちの年代って、こういう時期なんだよね。なのでなおさら身につまされます。
なにもかもが仕方のないことなんだから、自分の精一杯をするしかないって
わかっててもそれはアタマだけの問題なわけで。
実際はなにをどうしていいのやら。本当に途方に暮れてしまう。
でもよっくんはよっくんの精一杯以上のことを心をこめてやってるって思うよ。
本当にほんとうに尊敬してます。
うまいこと言えないけど、笑顔がつらくなった時には、私たちが居るから。
ここでもリアルでも。あなたのことを大好きなみんながいるからね。
身体に気をつけて。無理しすぎちゃうことに気をつけて。我慢しすぎずにいこう。(手塚か!w)
>ゆやや
いやいや、私の『鶏頭』っぷりは健在でございます。

なんか、そういう年代になっちゃったよね。
でも何回経験しても経験値は上がらないみたいで
ハッキリ言って何をどうしていいか、途方にくれてます。
もう、なるべく会いに行くくらいしか出来ないもん。
ヘタレな私なりに頑張るから!
倒れないように自制するから!
どうもありがと。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>未公開コメントのAさん
ありがとうございます。
本人が出来る範囲でやりたい事をして、食べたいものを食べて
少しでも幸せに過ごせたら良いなと思ってます。
父は病気の事は知っていますが、予後は知らせていません。
でも、わかっているような気もします。
私も無理しすぎないように、寄り添っていこうと思ってます。
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。