*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「永遠の0」 百田尚樹
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


ものすごく読みたい本だったのですが、戦争物は後を引くのでためらっていたら
マイミクさんが貸してくれました。

読んでよかった。
どんな感想を書いたらよいのかわからないくらい、心に沁みる本でした。
怒り、悲しみ、感動、何回も泣きました。

作者は戦争体験者の話の中で
それぞれの登場人物に思ったままに語らせている。
中には「死」を美化するような「自分達は立派であった」という表現をする人物もいるし
「自分達は消耗品だった」と表現する人物もいる。
実際の戦争体験者の方々もきっとそうなのだろう。

現在ニュースで某国の内情などを聞くと
「インターネット等が発達している今でさえ、こうなのだから・・・」と恐ろしく思う。

私達は、かろうじて祖父母や親戚から戦争体験を直に聞ける最後の世代でしょうか。
私の祖父は新聞社の人間だったので、戦後、職を追われました。
叔父は徴兵されました。
父はまだ子供でしたが、爆撃の中を知り合いが倒れるのを見ながら逃げ回りました。

そういう体験話を子供の頃から、聞いてきた私ですが
人の命の重さというものを、改めて考えさせられた一冊でした。


耳慣れない戦争用語が多く、少し読みにくいかもしれませんが
すべての用語や史実を理解できなくても、充分にいろいろな事が感じられる本だと思うので
若い世代に是非読んでいただきたい一冊だと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

表現に苦しむけど
戦争ものはホント悲惨な内容で重いのですけど
これは色々な考え方や捉え方があるって教えてくれますよね
そんな中、自分がどうあるべきか考えさせられます
私も
勧めてたけど、最初から戦争ものと知ってたら読まなかったかも。
どうしてもいたたまれなさが残ってしまうので。
これはそういう現在の感情もうまく絡めてると思いました。
あれがなかったら最後まで読めなかったかも。
ていうかこれがデビュー作って。これを超える作品を今後って、
この人どんだけプレッシャーなんだろうか・・というくらいうまい展開だったなぁ。
>tomeyさん
ありがとうございました!!!
色んなことを感じた本ほど感想を書くのって難しいですよね。
久しぶりに戦争関係の本を読みましたが
史実もキチンと伝えて、小説としての完成度も高い本でしたね。
ホント自分がどうあるべきか考えてしまいます。
>ゆやや
戦争ものって、いたたまれない結末が待ってるのわかってるし
戦国や幕末の史実と違ってまだ生々しいというか・・・。
でも、これは読んでよかった。
現代と絡めて書いているから、登場人物が自分の代わりに憤ってくれる感じで読みやすかったのかな。
え?デビュー作なの?
知らなかった・・・。次の作品は当然注目されるだろうしプレッシャーだね。
No title
もともと放送作家として成功してたみたいだから、
素地は十分だったんでしょうけど、やっぱり凄いよね。
デビューといっても単行本で出たのは2006年らしいので、
すでに何作かは出てるはず。戦争ものではないけどねー。
ちょっと読んでみたいような、でもあれを超えられるの?って心配なようなww
>ゆやや
うん。すごいよね。そっか。放送作家さんだったんだ。
二冊目とか出てるんだったら、読んでみたいけど
どんなテーマなんだろ。後で検索してみよっと。
でも、たぶん文庫待ち(笑)
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。