*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午
葉桜の季節に君を想うということ 葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午 (2007/05)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


前記の「グーグー」の後に手をつけた本だったので
出だしから衝撃的でした。
だって書き出しの一語が「射精」だよ(涙)
ガツーン!って。インパクト強すぎ。

でもとても読み応えがあって、469ページイッキ読み。
先が知りたくて知りたくて止まりませんでした。

何を書いても「ネタバレ」になってしまう小説です。
ストーリー全体としてはハードボイルドっぽいんだけど
そこに大きな『叙述トリック』というか『思い込まされるトリック』というか
…うまく表現できないけど
とにかく最後のほうに

えええええーーーーー???
やぁらぁれぇたぁ~~~!!!


という衝撃が待ってます。
そういう意味で映像化不可能な作品です。
ずっと前に紹介させていただいた「イニシエーション・ラブ by乾くるみ 」のように
もう一回読み返して
「ああ…そうだったのか!上手いな…歌野さん…」と納得。

「人生まだまだこれからだ!」と再確認させてくれる作品。
あ!コレもネタバレかぁ…。
Secret
(非公開コメント受付中)

おっ!
何だかワクワクする感じ・・・
(射○の2文字で?)
私も読んでみよっかなぁ。
だって確かに
人生まだまだ・・・だもんね。(笑)
タイトルと
ペンネームの漢字使いが好きで単行本買ったんだよねー。いや、古本だけど(マテw)
傑作!ではなかったけど最後に「ヤラレタ」と思った。
最後にヤラレますよ、って言われてたのにヤラレタwどんだけ?w
うん、すっかりヤラレタな~と思いました。ハサミ男読むより前の話です。
これからすっかり疑り深くなったとかチガウとかww
ハサミ男はすんごく疑り深く読んでいいとこまで行ったけど、
結局ヤラレたww 私って小説家喜ばせる一般読者だよなーww
>ろいままさん
ミステリー系が嫌いじゃないなら、楽しめると想いますよ。
読みやすいし、テンポも良いのでワクワク読めるよ~。
そうそう
人生まだ『半分』だもんね。これからっ!
>ゆやや
うん。私ももし「最後にヤラレますよ」って言われてたとしても
こんなヤラレ方は想像もつかなかったよ(笑)
伏線とかサンザ探しながら読んでも
まったくもって見当ハズレなのは、私です。
ハサミ男も見事にヤラレたしなぁ。。。

えーと。
結局すなおにヤラレちゃうのが、きっと楽しいのです。
正しい読み方なのです(笑)
…たぶん。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ああ~~!ああ!ああ!なるほど!ですね。感想をひとことでいってしまえば(笑)。終盤に差し掛かるまでは、ふつぅ~に読んでるワケですよ。こんなヤクザな一般人(主人公)、...
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。