*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「乙女の密告」赤染晶子
乙女の密告乙女の密告
(2010/07)
赤染 晶子

商品詳細を見る


うーん。純文学は難しい。

『純文学』~大辞林より~
大衆文学・通俗文学に対して、読者に媚びず純粋な芸術をめざした文学作品。


確かに全然「読者に媚びていない」自分の書きたいテーマだけをひたすら追求した感じ。
でも、その結果
結局何が言いたいのかワケワカラン状態なのも事実。

まぁ、私の教養が足りないのと大衆に媚びた通俗文学ばかり読んでるせいでしょう(笑)

純文学に「落ち」とか「まとめ」を求めちゃいけないのは重々承知だけど、
結局、『密告者』が誰なのかも
教授と人形の不思議な関係がなんなのかも不明なままだし
アンネについても中途半端な書き方だし
なんか読み終わって放り出された気分デス。

でも、文章は読みやすかったですよ~!!!

『乙女』とか『乙女たち』という単語を何回読んだことだろう(笑)
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
純文学って、芸術だったんですか。
芸術って、理解力とか関係なく感性で感じるものですよね。
きっと作者の言いたいことなんて、関係ないんですよ。
>四郎さま
芸術らしいです。
感性足りません(笑)というか感性が違うのかな。
読みやすい文章なのに、ストーリーが有るような無いような・・・。
私には通俗小説が向いているようです。
読んでみようかと思ったけど
やっぱりどうしようかな、、、
もっともっと涼しくなってからじゃないとダメそうね、どちらにしても。
今読んでも夏ぼけがひどすぎてきっと読み切れなさそう(汗)
脳味噌の沸騰が治まったら、職場(高校)の図書館で借りてみます・・・ってやっぱ買わないで読もうとする私(笑)。
>くまさん
読みやすかったけど、お薦めかと聞かれると微妙な感じです(笑)
でも、もう少し涼しくなったら
たまには『純文学』の世界に浸って乙女に戻ってみるのも良いかも!
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。