*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『八朔の雪―みをつくし料理帖』 高田 郁
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05)
高田 郁

商品詳細を見る


「薦められた本にハズレ無し!」な読書の趣味が合うマイミクさんからの推薦で読みました。

ええ。ええ。泣きましたとも。そしてホッコリしましたとも。
電車の中で読むのは危険だと注意されていたにもかかわらず、電車のなかでホロホロと(笑)
悲しい涙じゃないんだよね。
ヒロインの運命は過酷ではあるんだけど、そういう描写はむしろ坦々と書かれていて
周りの人の温かさとか、ヒロインの健気さに思わずホロリとくる。そういう小説です。
太夫の正体なんかも、「たぶんそうなんだろうな・・・」と解ってしまう書き方なんだけど、興をそがれることもなく
むしろ「そうでありますように☆いつかまた絶対に会えるよ」と応援したくなる。

今の時代はもう、関西の料理も関東の料理も何処に居ても食べられて
味付けの違いを楽しんだり、関東の人でも上品な関西風を好んだり(逆はあまり聞かない気がする・笑)するけど
この時代は交通網も情報網も発達していないし、馴染んだ味じゃないと受け入れられないんだろうな~。
そこでメゲないヒロインの前向きな姿勢がとても健気です。
出てくる料理も、庶民的で非常に美味しそう☆
Secret
(非公開コメント受付中)

読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。