*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IVH 中心静脈カテーテル
入院中の母が、口から食事を摂れなくなってきて体重が31kgになった。
70代後半にしては160cm近く身長があるので、そうとうな痩せ具合。
このまま腕や足の細い血管からのブドウ糖注入だけでは、、危ないという事で
『中心静脈カテーテル』というものを挿入する事に。

心臓や太もも等のより太い血管にカテーテルを挿入して、そこから高カロリーの栄養を注入するらしい。

お医者様からの説明もキチンとしていたし、アフターケアもまず心配は無いという事だけど
麻酔、細菌感染、体力、痛み。
考えれば考えるほど不安で、かわいそうでしょうがない。

その後のリハビリで、また食事が(っていっても流動食だけど)が口から入るようになれば
問題ないのだけど、
そうならない場合は『胃ろう』ということになる。
これは、胃に穴を開けてカテーテルを挿入しソコから直接栄養を注入するというもの。
妹も亡くなる二ヶ月前から、この方法で栄養を摂っていたけど
本人も見てるほうも非常に辛かった。

なんだかなぁ。。。。。
もちろん「母の生存」は私も父も強く望んでいるし
断るつもりも、権利も無い。
医者としても、ひたすら「生命の存続」という事を前提に出来る事をするのは義務なのだろう。
でも、意思表示の出来ない母の本心はどうなんだろう。

人としての自然の摂理に逆らっているということは確か。
でも今の医療はここまで進んでいるというのも事実。

元気だったとき
「ママは 人様のお世話になってまで生きていたくない」と散々言っていた人だった。
もちろん、今もそう思ってるとは限らない。
本当にそういう事態に直面した時は『なにがなんでも生きていたい』と思うのかもしれない。

でも、私だったら・・・。
私だったらどうなのかな・・・・。
今だったらハッキリと
「私には延命措置はしないで」と言える。
ちゃんと書類等に書き留めておこうとも思ってる(ソレがどこまで医療法的に有効なのかはわからないが)
ベッドから起き上がることも出来ず、話もできず、それでもその時になったら「死にたくない」と思うのだろうか??

+++++++

とか、ツラツラ考えております。
でも、もう開き直るしかないので 元気です。大丈夫!
Secret
(非公開コメント受付中)

私も
お母様、IVHを入れるのですね
実は私も腸の手術の前後2ヶ月近くIVHを入れてました。
入れるときは局所麻酔をして痛みはそんなに感じなかったです
入れてからは、それまでの低カロリーの点滴と違って、1200kcal以上のカロリーが入るので
身体が少しずつ元気になったのを覚えてます

ただ、感染には要注意ですね

IVHは延命というより
今の食べられなくて弱っていく状態を改善するためにするのだと思います
お母様が少しでも元気を取り戻してくださるといいですね
No title
私の母も今年の5月に治療のため、肩から静脈カテーテルを入れました。
腸閉塞を起こしていたため、食事が取れず、本人は祖父が同じ状態の時、大変痛がり辛かったのを見ていたので、とても嫌がっていましたが、病院の適切な技術と対応で、意外にもすんなりと入り拍子抜けしたくらいでした。
私も早くに身内を亡くしたりしているので、以前の印象が強く残っているのでとても抵抗がありましたが、医療の現場は思いもかけないスピードでぐんぐん進歩しているようです。さらにドクターと患者とその家族の信頼があっての治療ということにも重点を置いていることに、家族としては大変ありがたかったです。

お母様が回復することを願っています。



No title
考えだすと止まらなくなるので…発散!発散!
ココで思いっきり吐き出しておいてね!

「考えてばかりいると 日がくれちゃうよ」by.みつを
No title
今回の措置でお母様が
快方に向かわれることを祈っています。
そしてよっくんが倒れてしまっては何もならないので
決してムリしないように。
No title
IVH入れるんですね・・・
私の友人も入れて、かれこれ半年以上生活しています。
口から食事を入れられない以上、仕方ないのかもしれないですね。
あまり悲観しないでね。
友人は、IVHのおかげで、ぐんぐん元気を取り戻しました。
口からの栄養とは違って、目に見えて太ったりしなかったけど
やっぱり元気が沸いてきた、と喜んでいましたよ。
今よりも、良い状態になる事をお祈りしています。
ほんとに
ほんとにそう思うよね。父も「延命措置はとらないで下さい」という旨の文書を作ってます。
まー、それを見せられる娘の切なさまでは考えてくれなかったみたいだけど^^;
でも私も同じだから黙って受取りましたけど。でも。ほんとうに。
いざというときにどう思うのかどう感じるのか・・本人の希望に沿ってあげたいと思うけど
本当はどうなんだろう・・難しいけど。そうやって心を砕いている気持ちが、届くといいよね。
まあでもまだ栄養を頑張って取りましょうという段階だと思うので。医学の進歩を信じつつ。
>tomeyさん
どうもありがとうございます。
tomeyさんもIVHを入れてたのですか。痛みはそんなに無いのですね。少し安心しました。
母は、痛かったり気分が悪かったりしても言えないので
ずっとチクチク痛かったりするのならかわいそうだなぁと思ってました。
一日に1200kcalのカロリーが摂取できれば、
体力も少し戻るだろうし、意識も少しはハッキリするかもしれないな。
私は見てるだけしかできないので、とてももどかしいですが
ちょっとでも元気になればいいなと思ってます。
>appleさん
どうもありがとうございます。
そうですよね。医療は日々進歩してるんですよね。
10年前は患者さんに少し苦痛があったことでも、今ではそれを取り除く技術も進歩してますよね。
何か問題が出たら、その都度対処してくれるだろうし・・・。
総合病院なので、ドクターはなかなか忙しいようなのですが
看護師さんがとても親切で、いろいろお話も聞いてくれたりするのでその点は信頼しています。
ちょっとでも回復してくれればいいなぁ。と思ってます。
>Himawariさん
どうもありがと。
そうだね~!発散!発散!
雨が降らないうちに大型書店でも行ってこようかな(←地味っ)
なんだか感覚が麻痺してきてもいるので、そんなに鬱々とはしてないよ。
元気!ダイジョブ!
ダーリンの具合は良くなりましたか?
>ろいままさん
どうもありがとう。
私はダイジョブだよ。無理はしないし、気晴らしもするし!
カテーテルを入れることで、体力が少しでも回復してくれれば良いなと思ってます。
リハビリができるようにならないと、体が固まっちゃうので
とにかく体力つけて欲しいです。
>あかねさん
どうもありがとう。
食いしん坊の母なので、口から食べられないっていうのが可愛そうなんだよね。
でも、栄養が取れるようになれば
少しは元気が戻って、せめて一言二言でも言葉が交わせるくらいになってくれるんじゃないかとも期待してます。
喋れない人にずっと話しかけるのってシンドイんだよぉ。。。。
>ゆやや
どうもありがと。
娘の目から見ても、劇的に回復するということはありえない状態で4年くらい来てるので
イロイロ考えてしまうのよね。
今回のカテーテル挿入で、体力が回復して少しでも本人のしんどさが少なくなってくれるのを祈ります。
うん。
まぁ、実際に親からそういうことを言われると切ないよね。家の父親も書面にはしてないけど、よく言います。
でも自分の事になると、やっぱりちゃんと意思表示だけでもしておこうかなと・・・。
No title
それは心配ですね...
お母様の回復を願っています。

>Rikaさん
どうもありがとうございます。
幸い、心配していた傷みなども無いようなので
ちょっとでも元気になって欲しいと思ってます。
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。