*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごちそうさまが、ききたくて。
ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選
(1992/11)
栗原 はるみ

商品詳細を見る


栗原はるみさんの「ごちそうさまが、ききたくて。」
この本を買ってから、もう10年以上になるだろうか・・・。

今でも読み返すことが一番多い料理の本。
一回引越しで紛失して、また買いなおしたくらいお気に入り(笑)

どの料理も、特別じゃなくて
どこの家庭にも常備してある調味料と
スーパーに買い物に行けば、頻繁にカゴに入れる食材。
どのレシピも目新しいというよりは、「なじみのある」感のほうが強い。

だけど栗原さんのレシピで作ると抜群に美味しいんだ。

何回も作って、自分なりにアレンジしちゃったのもあるけど
時々、原点に帰るような気持ちで隅々まで読み返す。

そうすると、
フツフツと『食欲魔人』の血が騒いで
ダレダレになりかけてた毎日の食事の支度が
また楽しくなってきたりするのです(笑)
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
うちは大量に、爆発的に、食べてくれる家族がいるけれど
それでもやっぱり、時々マンネリな気持ちになってくる時が
あるんだよね。
心機一転、じゃないけど、リフレッシュしたいなと思う時が
あるので、そういう気持ちにさせてくれる本があるのは
うらやましいな~~
No title
私は家で全然料理をしないままに結婚してしまったので、結婚当初は色々料理本を買いました。
野菜好きの主人なので、季節ごとの野菜の扱い方と料理がいくつかのっている本が私のバイブルかな?
必ずそういう本ってあるよね。
本当に素人だと、材料の切り方や火加減もちゃんと載っていないと不安。。。
さすがに最近はもうちょっとアバウト?でも大丈夫になってきたけど。
やっぱりベーシックな料理がきちんと作れるようになれる本はありがたいよね。
最近とっても手抜きな私の料理(汗)
反省して、また料理本でも読みなおそうかなあ。。。
>あかねさん
特に休日続きの時なんかは、ご飯の支度して洗い物して・・・の繰り返しで嫌になるよね~。
この週末丁度そんな気分で(笑)
久し振りに読み返して
「あ!これ、まだ作ってない!」とか
「あれー。これ、随分いい加減な作り方にしちゃったな。この通り作ってみよう」とか
「このレシピ、この野菜をアレに変えれば今つくれるわ♪」とか
楽しんでました(笑)
この本、楽しいよ~。お薦めです。
>くまさん
自分にあった料理の本って、バイブルだよね~。
私は結婚前も料理は好きだったんだけど、母の味しか知らなかったからこの本を読んで『目から鱗』の部分が沢山ありました。

今朝、この本に載ってるレシピで
だいぶ自分アレンジになっちゃってた『コールスロー』を
久し振りに本の通りの調味料の配合と手順で作ったら
いつもより美味しかった(笑)

ついつい手順を省略しちゃったり、手抜きっぽくなっちゃったりしがちな私の料理ですが
たまには、原点に帰ってみるのも必要だなと改めて思いました・・・。
持ってるー♪
この本、いいよね~
特別なお料理じゃなくて、
家にあるもので作れるお料理ばかりで気取ってない感じも大好きです。
それと、はるみさんが所持している器が素敵で見ているだけで幸せな気持ちになれます。
和食器の片口めっちゃ好きだけど、
収納スペースを考えると...涙

深夜なのにお腹空いちゃった(><)
>norikoちゃん
うん。この本、すっごく良いよね~。
どの料理を試してみても、ハズレたことが無いのがスゴイ。
野菜系のレシピが多いのも嬉しいデス。
そうそう!『器』どれも素敵で欲しくなっちゃう。
でも、うちも同じく
新しい食器を増やすには、今あるのを処分しないと・・・。
それもモッタイナイし、愛着も多少あるしね。
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。