*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドストエフスキー
父母は本を集めるのが好きな人達で、全部読んでいるとは思えないけど(笑)
実家には世界文学全集とか日本文学全集的な本が結構揃っている。

文学史にのっているような本は、買う前に実家の書庫を漁ると結構見つかったりするので
それ系の本が読みたくなったらまず探してみる。

今回は谷崎氏の『細雪』と石坂氏の『石中先生行状記』を探していたのだが、
残念ながら谷崎氏の本は『刺青』や『春琴抄』が収められた本しか無く、石坂氏の本は全然無かった。
うーむ。残念!!!

変わりに発掘したのが、去年流行ったコレ ↓

ドスト


どうなのよ・・・・この厚み。
昔の本だから(30年以上前の出版)字も細かくて
相当根性入れて読まないと挫折は必死だわね。。。。

漬物が漬けられそうな重さなので、持ち運びもダメだし
お家に居るときにチマチマ読もうかと思って持ち帰ってきたけど・・・。
最近の読みやすいエンターテイメント作品に慣れきってる今の私にはたして読めるのかどうか(笑)
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
あら!春仕様になりましたね。

うちは主人が文学青年?だったので、ありますよ、ドストエフスキー。我が家の本棚に鎮座しています。
しかし、手に取るまでもいかない・・・。もう、本棚にあるのを見ているだけでお腹いっぱいで。
しかし、なぜ流行ったのかしらねえ。読んでみれば分かるかもしれないけど。。。
本自体が重いし、厚いし、読むぞ!と思わないとなかなか読めなさそうだよね。
でも、こういった本を読む機会って確かになくなった。そのうち私もチャレンジしてみようかなあ。本棚の肥やしじゃもったいない!?
>くまさん
期間限定春仕様にしてみました。梅の花もようやく咲き始めましたね。
うちの実家の本棚も、見るだけでお腹イッパイの本がズラァ~っと並んでいます。
たまぁに、読んでみようと思って借りてきますが、昔の本って字も細かくて読みにくいんですよね…。
去年流行ったのは、どうやら翻訳が読みやすくなっているらしく
この本は当然昔の翻訳なので、そういった意味でも読破は難しいかもしれないけど(笑)
あるのに買うのも勿体無いので、ゆっくり挑戦してみます。
No title
ドフトエフスキー、流行っていたんですか?なぜ??
わたしはロシア系だめなんです、登場人物の名前が覚えられなくって・・・
日本の名作もそんなに読んでいないし、老後の楽しみにとっておきます。
>ビビアンさん
ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」が随分売れたらしいですよ。
文庫が新しい訳になって読みやすくなったとか、ストーリーが今の時代にあったミステリー仕立てだとか、いろいろ言われてました。
ほんとのところはよくわかりません(笑)
ロシア系と中国系は私も名前が覚えられないです…。
っていうかカタカナの名前地名全般が苦手かも。
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。