*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「家守」歌野 晶午
家守 (光文社文庫) 家守 (光文社文庫)
歌野 晶午 (2007/01/11)
光文社

この商品の詳細を見る


『家』をテーマにしたミステリー短編集。

歌野さんの短編は初めて読みましたが、どの話もちょっと奇妙で伏線が効いててサスガという感じでした。面白かったです。

これの前に読んだ歌野さんの『生存者、一名』が私的に、かなりハズレで(笑)
「もう歌野さんは止めようかなぁ…」と思ってたんだけど(笑)
本に関しては諦めの悪い性格が幸いしたかも。

どれも読んだ後「ザワザワ」とした気分になります。
「ゾゾーッ」の一歩手前かな。

前にも思ったのですが、歌野さんの作品って『井上夢人』に似てるよなぁ。。。。綾辻さんの初期の短編にも似てるかも。。。。
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歌野晶午、「家守」 この作家が以前から気になっていたのだが読む機会がなく、ちょうど目についたので買ってきた。短編集。 5編とも、実に読み応えがあって面白かった。 一応、すべてミステリーである。だが、単純なミステリーではなく、ひとひねりもふたひねりもしてある。
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。