*All archives* |  *Admin*

2012/03
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの場合
縁起でも無い話だと怒られそうですが
自分メモも兼ねて
「人が亡くなるとどれくらいお金がかかるか」を書いておきたいと思います。

もちろん、宗教や規模や方針によっても違うと思います。

でも、うちの父の場合は
仏教で、お墓はすでにあって
「ごく平均的な世帯主」くらいにあたるかと思います。

まず、医療費。
これは絶対に保険に入っておく事をお薦めします。
父の場合は余命わずかという事もあって、
医療技術よりもケアが行き届いている病院の、しかも「個室」を選択したので

・1日 10,000 × 日数分

結果、180万円くらいかかった事になります。

お寺さん関係は。

・戒名代 + 通夜&告別式の法要代 50万円
・お車代 1万円
・お食事代 5000円

でした。

葬儀屋さんは、お別れに来てくださった方が100名弱くらいで

・会場代、食事代、お返し代 その他モロモロ全部で300万円くらい。

もっとも、父の昔の仕事は「森林関係」だったので『山男』が多く
父母とも東北出身なので、親戚は殆ど東北の方で
普通の3倍くらいは「お酒代」がかかっていると思います(笑)
みなさん、思い出話と共に豪快にお酒を飲み交わしてくださり、ありがたい事でした。

・お位牌代
彫文字込みで、12万円。

納骨時は
・埋葬料金、お墓への戒名彫りで 6万円。
・お寺さんへの法要料 5万円

49日後の香典返し
・だいたい40万円くらい。

++++++++++
その他、ちょこちょこと出る書類代や手続き代などもありますが
だいたいこんなところでした。

幸い、父から貯金を少し預かっていたのと
保険金が下りたので、なんとかなりましたが
それが、なかったらと思うと恐ろしいです。
金銭感覚もだんだんマヒしてきます。

もちろん、最近は「家族葬」なども増えていると思いますが
親戚や友人が多いと、なかなかそうはいかないというのも現状ではないでしょうか。
昔の様に、自分の家で執り行うのも難しい住宅事情になってるしね。

自分のときは、本当にコジンマリで良いなぁとつくづく思います。
本当に。こころからw
スポンサーサイト
一区切り。
昨日、無事に父の四十九日の法要と納骨が終わりました。

法要は墓前で2時から。
雨が上がって一安心していたら、
丁度父のお骨を抱いて実家から出発するときに大粒の雨が。
「ああ。父ちゃんが家から出たくないって泣いてるんだなぁ」と感じました。
お墓に着くころには雨もあがって、
お骨を収めて、お経を読んでいただき
お墓を綺麗なお花で飾って
「また、来るからね」と何回も声をかけてきました。

寂しさも悲しさも
まだまだ無くなったわけではないけれど
とりあえず、自分の気持ちにも『一区切り』つけたいと思っています。
まだ、いろいろな手続きも残ってはいるけれど
来週からは

趣味も精力的に、なるべくお出かけして
友達とも遊んだり(遊んでね~☆)
自分のペースを大事に暮らし始めます。

・・・とりあえず、火曜日の人間ドッグ・・・・・・良い結果が出るわけないのが不安だけどw
達筆
早いもので、父が亡くなって一月以上が過ぎ
24日には、『49日』の納骨です。

それにあわせて、お香典のお返しの準備をしていて
記帳していただいた「御芳名帳」をもとに
贈り物のリストを作ったのですが

OL経験もあるし、事務はわりかし得意だし、エクセル使ってチャチャっと
なんて、甘く見て「2時間もあれば終わるだろう」と思っていたのですが

・・・・大変でございましたw
昨日のうちに表だけは、作っておいたんだけどね。

郵便番号の記載がないくらいはネットつないでサクッと調べられるのですが
ものすごく達筆の方が何名かいらして、(ヘタすぎて読めない人も何人か)
そういう方に限って、郵便番号も電話番号も書いてない。
つまり住所が達筆すぎて解読できない上、番号検索もできないのです(涙)

なんとなくこんな字かな
と見当をつけて、父の古い手帳や住所録をめくるアナログ作業。
いやぁもう、疲れた。
結局、9時ごろから初めてお昼過ぎまでかかっちゃった。

これで、間違ってたらもう手の打ちようはありませんw
とりあえず、これで発送かけてみよう。

書類を書くときや記帳をする時は、「ヘタクソでも読める字で」と心がけることにします。
にゃあ?
朝ごはんを食べ終わって、
ダンナとテーブル挟んで向かい合わせで日本茶飲んでたら
ダンナが私に

「にゃぁ!」

とか言うのよ。急に。

「は?」って思うでしょ?「へ?」って思うでしょ?

「何?」って聞き返しても

「にゃぁ!」
「にゃぁ!」

ニヤニヤしながらって繰り返すわけよ。
わけわからん。気でも狂ったかと思って

「だから何よ?」って聞いたら

「ネコと同じところにヒゲが生えかけてるよ」だってさ。苦笑いしながら。

言われて唇の上あたりを触ってみたら、チクチクとした感触が。

あー。そういえば、先週は顔の『産毛剃り』するの忘れてた(苦笑)

そんな言い方じゃわからんって!!!
おじさんに「にゃぁ」って言われても可愛くないしさ。
ジャニ系の美少年なら別だけど(爆)
早起き
父が亡くなってから
ほぼ一ヶ月。今週の金曜日が『月命日』になります。

お陰さまで、私もだいぶ落ち着いてきて
ボロボロ泣く事も少なくなって、書類パニックも期限があるものはメドがたちました。

不整脈や欝も出なくなってきたし
ほぼ、普通の生活に戻りつつあります。

ただ・・・。
『睡眠障害』だけは、どうしようもないなぁ。
以前からそうなので、ますます酷くなった感じ(苦笑)
今日も必要もないのに5時起きです。あはは。

自律神経なのか更年期なのか
まぁ、「まだ、無理すんな!」っていう体からのサインだと思って
しばらく、のほほんと過ごすしかないですねw
2月の読書まとめ
二月もちょっと読みすぎたなぁ。
今月は、少し他の趣味も再開できると思うので
視力がこれ以上落ちないように、少し目を休める・・・・。予定。できるかどうか・・・。


2月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3330ページ
ナイス数:62ナイス

チヨ子 (光文社文庫)チヨ子 (光文社文庫)
ホラー短編集なのでドキドキしながら読み始めたけど全然怖くなかった。宮部さんらしい。
読了日:02月29日 著者:宮部 みゆき
ソウルケイジ (光文社文庫)ソウルケイジ (光文社文庫)
姫川シリーズの二作目。前作に比べてグロい描写は少なくなってる(少しは出てくるけど)。その分、登場人物達の魅力が増しストーリーも人間描写も深いものになっている。読み応え充分のお薦めの一冊。個人的に、菊田萌え~w
読了日:02月27日 著者:誉田 哲也
おうちがいちばん 1 (バンブー・コミックス)おうちがいちばん 1 (バンブー・コミックス)
再読。秋月さんの漫画を読むとほっとする。
読了日:02月26日 著者:秋月 りす
となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
ふーむ。一巻目だけ読んで満足。次は買わないな。
読了日:02月24日 著者:森繁拓真
アドルフに告ぐ(1) (手塚治虫漫画全集 (372))アドルフに告ぐ(1) (手塚治虫漫画全集 (372))
読了日:02月20日 著者:手塚 治虫
信長協奏曲 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
早く続きが出ないかなぁ。史実は変えられないだけに、張り巡らされた伏線が、どうまとまるのかワクワクします。
読了日:02月20日 著者:石井 あゆみ
かしましハウス (1) (竹書房文庫)かしましハウス (1) (竹書房文庫)
懐かしく読み返しました。姉妹っていいな。
読了日:02月18日 著者:秋月 りす
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
この奥さん、大好き☆
読了日:02月15日 著者:K・Kajunsky
ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
ここまで書き込まなくても・・・と思うほどグロイ描写があるので、すべての人にお薦めは出来ないが物語の展開もページを捲る手がもどかしくなるほど面白いし、個性的なキャラクターの書き分けも秀逸。読まないのはもったいないかも。責任はとりませんがw
読了日:02月15日 著者:誉田 哲也
番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)
読了日:02月09日 著者:久世 番子
どーでもいいけど―不景気な暮らしの手帖 (バンブー・コミックス)どーでもいいけど―不景気な暮らしの手帖 (バンブー・コミックス)
読了日:02月08日 著者:秋月 りす
WORKING!! 8 (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! 8 (ヤングガンガンコミックス)
読了日:02月07日 著者:高津 カリノ
OL進化論 (1) (講談社まんが文庫)OL進化論 (1) (講談社まんが文庫)
なつかしく読み返してみた。やっぱりちょっと時代を感じるけど楽しい。
読了日:02月06日 著者:秋月 りす
銀杏坂 (光文社文庫)銀杏坂 (光文社文庫)
不思議なミステリー。どの話も霊的な存在が介入しているので、ファンタジーの部類?
読了日:02月04日 著者:松尾 由美
シンメトリー (光文社文庫)シンメトリー (光文社文庫)
人気のシリーズの短編集。短編にしては読み応えアリ。
読了日:02月01日 著者:誉田 哲也

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。