*All archives* |  *Admin*

2010/01
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渋谷でランチ
マイミクのHimawariさんと渋谷のAmberでランチ☆
渋谷駅に降りるのは、10年ぶりくらいだったので
田舎のネズミとしてはチョット緊張(笑)

katsu

『ビーフミルカツ定食』
薄切りのビーフをミルフィーユのように何枚も重ねてサクッと揚げてある。
こんな手間のかかるご馳走はお家では食べられない(笑)

いろいろお喋りしてたら、あっという間に時間がたっちゃった。
なんか「コレ!」って議題があるわけでも無いのに、
喋る事って次から次へとイッパイあるよね~(笑)
楽しい午後のひと時でした☆
スポンサーサイト
文学少女(笑)の名残り
昨晩は実家泊まり。
実家に泊まるとパソコンも無いし、テレビも面白くないし、ハッキリ言って夜は暇。
父は早々に寝てしまうので、たいてい本を読んで過ごすのだけど
昨日はウッカリした事に、持っていった本を母の病室で読み終わってしまい
書店で補充するのを忘れて実家に帰ってしまった。

うーん。昔の自分の本棚でも漁ってみるかと二階にあがり
目に留まったのがコレ ↓

robou1

ジュニア版日本文学集。
な、なつかしぃ~。

robo2

1976年発行。古~い。

robo3

漢字のフリガナは横じゃなく下に< >でふってあるし、引き伸ばしたクレッシェンドみたいな繰り返し記号も今じゃ使わないわよね~。

あはは。すっごい昔の子供って感じがするわ~。
ケーキみたい?
先日仕込んだCandyみたいなコンフュを入れた石鹸、本日型出し致しました。

うー。保温に失敗!!!
白地をマットな感じにしたかったので、ジェル化しないようにと
保温を控えめにしたら・・・。
ソーダ灰が沢山出来た(涙)
ソーダ灰は、使う分には全然問題ないんだけど、見た目が非常に悪くなるのよね。。。。。
ああ!
もういっそ「しっかりジェル化」させれば良かったわ~。

candy1

いつもの四角いアクリルモールドではなくて、ベィビーリーフが入ってたプラスティックのボウルを使いました。
ケーキみたい???

candy2

ケーキみたいに切り分けてみました。

candy3

余ったタネで四角いのも。

どれも、周りに付いたモロモロの白い粉が無ければ、もうちょっと可愛いのに(苦笑)

2月23日頃、解禁予定。

って!
これ、クリスマスカラーだよね(汗)
前作に引き続き、季節感ゼロだな>私
本末転倒(笑)
来月の中旬に『人間ドック』の予約を入れてあるので
今、必死のダイエットモードに入っております。

ええ。ええ。
健康診断は通常の状態を調べてもらってこその物。
わかってます。充分にわかっておりますが・・・。

一昨年の健診の時、体脂肪も体重もコレステロールも赤信号で怒られて
去年、頑張ってダイエットして
「頑張りましたね~。この状態を維持するように…できれば、あと2キロくらい落とすと良いですね」
って言われたのに

逆に2キロ太っちゃったんだもん(汗)
毎年同じ病院で、問診の先生も同じなんだもん。

誉められるのは大好き。怒られるのは大嫌い。
ま、誰でもそうか(笑)

本末転倒と思いつつ、野菜!野菜!きのこ!きのこ!
ああ。。。。
長くつ下のピッピのキャンディ
子供の頃、「奥様は魔女」と同じくらい好きだった海外ドラマ『長くつ下のピッピ』

そのドラマの中でピッピの食べているお菓子、
鮮やかな赤やグリーンや黄色のキャンディやガムがとてつもなく美味しそうに見えたものでした。
今は、外国産のキャンディもガムもチョコレートも何処にでも売っているけど、
当時はアメ横にでも出かけないと手に入らなくて、
たま~に、親と一緒にアメ横あたりに買い物に出かけても、
チョコレートはなんとか買ってもらえても、鮮やか過ぎる色のお菓子は絶対に買ってもらえなかった。

今となっては、親の考えに賛同するけど
当時はものすごく欲しくて、買ってもらえないから余計にその思いは積もったものです(笑)

だって、『サクマドロップ』とは全然違ったキラキラした強烈な印象だったんですもの。

+++++++++++++

本日の石鹸は、そんな事を思い出しながら仕込みました。

『MPソープ』という透明な石鹸素地をレンジで溶かして食用色素で色付け。

mp1

1cm角くらいに切ると・・・なんだか美味しそうでしょ! でも 石鹸です!

mp2

ちょっと色が濃すぎましたね・・・。

これを白い石鹸タネに混ぜ込みます。

tane3

どんな具合に出来上がるか、月曜日の型出しが待ち遠しい☆☆
具が沈んでるような悪い予感もします(笑)

+++++++++++++++



懐かしすぎる~。。。。
日本語版の歌詞は今でも覚えてるな~。
「クリスマス緊急指令」高田崇史
クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス)クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス)
(2007/11/07)
高田 崇史

商品詳細を見る


高田崇史さんのハートフルミステリ短編集。

QEDシリーズや千波くんシリーズのような読み応えは無いけど
サラリと読めるし、歴史の謎解き、パロディ風、ハートカクテル風(笑)、昭和回顧録風と
趣向の違った作品が玩具箱のように詰め込まれているので楽しい読書でした。

クリスマス???タイトルはあんまり関係なかったような気がするわ。
『茜いろの風が吹く街で』が一番のお気に入り。
鮭ばかり食べている・・・
父方の実家は『青森県』で海産物がとても美味しい。
青森の人はそれがとても誇らしい。
海産物はイロイロあるのに、家の親戚だけなのか、全体的にそういう風習なのか
贈り物といったら『まるごと一匹の塩鮭(あらまき鮭)だ。

なので実家には良く親戚から『塩鮭』がまるまる1匹とか
ドド~ン!と送られてくるの。

母が元気だった頃は、料理好きな母が冷凍して
いろいろ料理して食べてたんだけど
父が一人暮らしになってから、「めんどうくさい」らしくて
そのまま我が家に転送されてくるの。

冷凍保存もできるし、なんにも作りたくない朝とかにもとっても便利な食材なので
いつもは、ありがたく頂いているんだけど・・・。

12月、1月とどうしてだか、鮭が3匹(別々の親戚から)送られてきて
それが、まるまんま我が家に・・・。

いや、さすがに ソンナニハ・・・。

冷凍庫にも入りきらないし、生ものだから近所に配るのもなんだし(東北の味付けなので若干、ショッパイし)
もう、必死で食べてます(苦笑)

そのまま焼いたり、切ってマヨネーズ乗っけて焼いたり、ホイル焼きにしたり
鮭ご飯にしたり、じゃっぱ汁風にしたり・・・。

飽きた。さすがに飽きたよ(笑)

syake

本日は、定番の『鮭のちらし寿司』
「GANTZ 」 奥浩哉
GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2000/12)
奥 浩哉

商品詳細を見る


とりあえず、1巻と2巻を読んで見ました。

うー。
お話はこの先、どんどん面白くなりそうな予感なんだけど。

・・・描写があまりにもグロすぎる(汗)
ここまでグロいと思わなかったので、昼ごはんを食べながら読み始めてしまった私はバカです。
ミートソースパスタ(レトルトだけど・笑)半分残してしまった。

地下鉄のホームでヨッパライを助けて死んでしまったはずの主人公とその友人が
マンションの一室で生き返って。わけのわからないまま、その部屋にいた人々と一緒に
元の世界に戻って謎の宇宙人と戦う。で、 戦いに勝つと その時生きてた人だけまたマンションの一室に戻される。
っていうお話で
2巻までだと、まだまだ導入部分で謎は何も解けてないし先はとても気になる・・・。
読み続けたいが、スプラッターな絵は苦痛だ。どうしよう(笑)
誰か読んでる人いますか?
修理代、高っ!
先日修理に出したテレビの代金の見積もりが来ました。
32型液晶テレビ、基盤の交換で

¥65,310-

ええええー~!!!

幸いこのテレビ、買った時に小売店さんの『10年保障』に入っていました。
なので5年目の今は、購入価格の30%までの修理代を保障してもらえます。
5年前は薄型テレビは高かったので、なんとか保障の範囲内かチョコット持ち出しくらいで修理できそうです。

だけど・・・。
高いよねぇ~>修理代

パーツ料、人件費、技術料、原価がどれくらいかかるのかは解りませんが
もんのすごい利益率なんじゃないの~???

だって、今だったら
6万円あったら、ちょっとプラスすれば新しい同じ型のテレビ買えちゃうもの。

やっぱりメーカー側は新しいの買って欲しくて、
修理代吊り上げてるんじゃないの~??って疑ってしまうわ。

『使える物は修理して使いたい』って思うけど
修理代と新品を買う価格を比べると、考えちゃいますよね。
今回だって『保障』が無かったら新しいの買ってたと思うし。

エコの時代ではあるけど
同じ価格の『中古修理』と『新品』を比べて
『中古』を選ぶ人って少ないと思うわ。
メーカーさんも、もうちょっと考えて欲しいなぁ。
今期のドラマ(1)&スペシャルドラマ
今期のドラマ始まりましたね~。
面白そうだなと思ってるのが結構あるんだけど・・・。

「Wの悲劇」
薬師丸ひろ子の映画も観たし、原作も読んだけど
遙か かなたの記憶。
…こんなツマンナイ話だったっけ?・笑
導入部分から「そんな怪しい招待受けないだろ普通!」とか突っ込みまくりでした。
最後は宝塚だったし~。
死体役がコミカルで楽しかった…やっぱりベテランは何やっても上手いなぁ。って!こんな感想(苦笑)

「神戸新聞の7日間」
ドキュメンタリーとドラマが自然に重なって、
記者達の熱い使命感や人としての暖かさに、幾度も涙しながら観ました。
が!
・・・翔くん・・・やっぱり「ザ・クイズショウ」だよね(笑)
周りの俳優陣の演技がスゴイ迫力だったので、どうしても浮いた感じがしてしまいました。
いや、好きなんですけど>翔くん。ヘタレなところが(笑)
でも、やっぱりこういうドラマだとね。
「ニノが出れば良かったのに」って途中何回も思ってしまった(汗)
でも、翔くんが出演することによって
嵐やジャニーズファンの若い人や子供達がこのドラマを観て
こういうことが実際にあったのだという事実を知ったり、関心を持ったりするキッカケになるのは良い事だと思うので
そういう意味で嵐の起用はアリだったと思う。


「龍馬伝」
三回目までの感想は
「ああ。福山龍馬、完全に香川弥太郎に食われちゃってる」って感じ(笑)
福山龍馬、爽やかでカッコイイけど、香川さんの迫力にはまだまだ太刀打ちできませんな。いまのとこ。
でもこれから脚本のバランスも違ってくるだろうし、面白くなるかな~。
幕末史って誰を軸に描くかによって、善悪が違ってくるので(いや、みんな正しくてみんな間違ってる感じ?)
どんな視点で描かれて行くのか楽しみです。
私の中では「武市半平太」ってもんのすごく嫌なヤツなんだけど、ドラマだと今後どうかなぁ~?とか
最後に龍馬暗殺の黒幕は、あやふやにしないで一応の決着をつけて欲しいなぁ~。とか。
期待しています。

「ヤマトナデシコ七変化」
どちらかというと「赤西派」いや、地味に「上田派」なので
亀梨くんが、こんなにイケメンで異常なモテまくりという設定に違和感が(笑)
一人、とても大学生とは思えない人混じってるし。
手越くんはカワイイけどね。子犬みたいで。
花男とか花ざかり系のドラマなのね。原作も漫画だし。
そう開き直ってみると、かえって「ありえなさすぎて」楽しめました。
毎週、気楽に観られそう。

「特上カバチ!!」
う~ん。10年まえくらいの「カバチタレ」っていう
常盤貴子さんと深津絵里さんのドラマ(山Pも可愛かった)
が凄く面白かったので期待してたんですが・・・。
もう観ないかもしれない・・・。いや、もう一回くらい観てみようかな。
翔くんはやっぱり「ザ・クイズショウ」だし
ドラマの演出が過剰で落ち着かない。
いや、400万円も親友に借金しておいて
親友の息子がやっとの思いで受かった医大の入学資金が無いからって言ってるのに、親友の家庭崩壊させちゃってるのに
「返せない」ってどうなのさ。ちっとも返す努力してないじゃん!ってトコからもうイライラしちゃって(笑)
まぁ、ずっと仲良くしてたい人には絶対お金を貸しちゃダメって昔から言いますもんね。
一話完結かと思ったら、来週に続くんだって!イライラ~(笑)
あ。女優としての堀北さん苦手だったんですが、この役は素敵☆
レイトン教授の少年役があまりに上手いので「声優になればいいのに」って勝手に思ってた(笑)
六角形
いつも四角い石鹸ばかり作っているので (長方形のモールドしか持ってないから)
たまには他の形にしようと思って、
日本酒の紙パックを使って『六角形の型』を作った。

kata

日本酒の紙パックは少し分厚くて、工作するのには牛乳パックのほうが向いてるんだけど
なにせ私は牛乳が飲めないので、買っても腐ってしまうから。
その点『日本酒』なら、最近は紙パックでもソコソコ美味しくて普段のみには丁度良い。

で、出来た石鹸がコチラ。

rokkaku

下の石鹸は思いっきり季節はずれだけど『紫陽花』のイメージで
もっと不透明な真っ白にしたかったのだけど、ココアバターの肌色が出たのと
保温バッチリしすぎてジェル化してこんな色になってしまいました。。。。

奥のは、見た目無視のガスール(モロッコ粘土)をたっぷり入れた石鹸。

紙パックの型だと、角がピシッ!と行かないのねぇ。
もうちょっとカクカクした六角形にしたかったなぁ。

一ヵ月後の解禁が楽しみです☆☆
「君の望む死に方」石持 浅海
君の望む死に方 (ノン・ノベル)君の望む死に方 (ノン・ノベル)
(2008/03)
石持 浅海

商品詳細を見る


石持さんの世界は、なんとなくいつも物足りない(笑)
だけど、読み続けてしまうのは、もしかしたらソコが魅力なのかも。

↓ ↓ ここから ネタバレ です。

殺したい男と、殺されたい男の『犯罪が起こる直前まで』を書いた
犯罪が起こらない異色のミステリー。
それぞれの心の動きや、前作に続き探偵役(???)の描写は見事だけど
石持さん、いっつも動機が浅いのよねぇ。。。。。
「アイツを殺してやる!」って思う動機も
「アイツに殺されたい!」って思う動機も弱い。

てか!
「え?ここで終わっちゃうの???」
っていう読者投げのミステリは、私の周りから無くなって欲しい(爆)
ミステリーじゃなければ、考えさせられるのは大歓迎だけどさー。
答えありきの謎でしょぉ!
今回は、結末はわからないけど謎が残ったわけでは無いので少しマシかな。
友達?
本日壊れたテレビの修理の人がやってきました。
20代前半くらいの若者と、50代くらいの貫禄あるおじ様の二人組みでやってきて
30分くらいイロイロ試してくれたのですが
結局、その場では修理できないので持ち帰って一週間くらいかかるそうです。

で、
「テレビが壊れて不自由していますか?」と聞かれたので
とりあえず、前に使っていたテレビが観られるので不自由は無いが
急に32型から25型になったので、やっぱり観にくいですねぇ。
というような事を言ったら

20代の若者のほうが

「甘いっすね!俺なんかまだ 14型観てますよ!」 だって(笑)

えーと。

私達、友達????

「甘いっすね」 って・・・。

いや、別に私、あながのテレビが14型だろうが超特大サイズだろうが、全然関係ありませんから(苦笑)

ものすんごく年下だとしても、何回か会ってて仲良くなってれば
若者言葉も気にならないし、むしろ敬語はやめてって感じだけど・・・。

どう見ても自分より20歳くらい年上で初対面の、しかも修理といえども一応『客』なのよ。私は(笑)


上から目線で物を言うつもりはないし、フレンドリーな接客も嫌いじゃないけど
ちょっとビックリしちゃいましたよ。おばさんは。

一緒にいた50代くらいのおじさんも、特に注意するでもなく普通な感じだったので
今はこんな感じなのかなぁ~。
こんなちょっとした口調が気になってしまう私は昭和の古い人間なのかしら(汗)

とりあえず代替機も貸してくれたし
対応としては懇切丁寧だったので、ま。いっか(爆)
壊れた~。。。
昨日の朝、リビングの薄型テレビが壊れました(汗)
電源を入れてもずっとスタンバイ状態で画面真っ黒。

修理に来てくれるのは水曜日。

というわけで、とりあえず隣の和室にあったブラウン管テレビを観ているのですが・・・。
以前は、このメインで使ってて違和感が無かったハズのこのテレビ。
幸いDVDコーダーにチューナーが入ってるので、地デジも観られるし録画もできる。

でも、
壊れた薄型テレビは『32型』
とりあえず観てるブラウン管テレビは『25型』
画面が小さく感じられて 観にくい~!!!
25型でも当時は「大きいテレビ」っていう感じで観てたのに!
慣れって恐いわ~。

「風の墓碑銘(エピタフ)」 乃南アサ
風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)
(2009/01/28)
乃南 アサ

商品詳細を見る


乃南さんの『音道貴子シリーズ』
相変わらずの読み応えで、上下巻イッキ読み。

乃南さんの書く登場人物は、みな人間臭くて綺麗な部分だけ書かれているんじゃないところがとても良い。
「人間描写が上手い」の一言で片付けてしまうにはモッタイナイ何かがある。

貴子と滝沢さんのコンビが、少しずつ歩み寄ってはいるものの
お互いに嫌悪感や反発的な感情むき出しなのも、リアル。
嵐のスペシャルドラマ
「最後の約束」
楽しく拝見させていただきました。
もうちょっと他に犯人っぽい人出しておいて欲しかったなぁ~。
5人が均等にあからさまに怪しすぎるもんで、オチが見えちゃったよね。

動機とか社長が素直に謝っちゃうとか
昔の(たのきんの頃の)ジャニ映画っぽい臭さはあったけど
それでも途中までの展開はハラハラして面白かったし、
良い『目の保養』になりました。

やっぱり二ノ宮くんは、飛びぬけて演技が上手いですね。
全員一緒の場面だと
他のメンバーの芝居が可愛そうなくらいだった(汗)
初ランチ
20100109162634
本年初のお外ランチ。
ウッチーと新宿でパスタをいただいてきました。
新年だからなのか、三連休だからなのか
新宿西口のビル街は 閑散としていて、駅周辺の混雑が嘘のよう。
開いてるお店も少なかったなぁ。

++++

本日の電車本は、表紙買いした「探偵、花咲太郎は閃かない」
うーん。私には合わなかった(汗)
笑顔で。
今日、母のお見舞いに行って
真っ白な顔でスヤスヤと眠る母の手を撫でながら
子供の頃の事とか、いろいろ思い出したりして
「ああ。割と沢山覚えてるものだなぁ」と思った。

誉められた事も。怒られた事も。

そして決めました。

今年の目標は 『笑顔で!』 

唐突ですがね(苦笑)

子供の頃、母に

「あんたは、ムスッとしてるとブスなんだから、笑ってなさい」

と良く言われたのです。

自分の産んだ子に向かって『ブス』っていうのもどうかと思いますが(苦笑)
私は子供の頃から、キツい顔立ちで
どちらかというと「おかめ」より「はんにゃ」系なので
眉間に皺なんか寄せてると、本当に不愉快な顔らしいのよね。
まぁ、眉間に皺を寄せて愉快な顔になる人も居ないとはおもうけど
ダンナにもたまに「怖い顔してる」って言われるし。自覚ないけど(爆)

ここのところ、どうもゴタゴタ続きで
下向いて暗い顔してる時間の方がたぶん多かったから。

無理矢理の笑顔は難しいかもしれないけど
なるべく笑ってれば、きっと『福』がやって来る機会も多くなるハズ!

母の病状もあまり良いとは言えないし、一人暮らしの父親の心配もあるし・・・。
状況は今までとあまり変わりない。

でも、今年は
本当にダメダメな時以外は、なるべく穏やかに笑っていたいと思います。

2010年は 笑顔で!
「Another」 綾辻行人
AnotherAnother
(2009/10/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る


お正月に読み始めたのに、落ち着いて時間がとれなくて 50ページくらいしか読めず
本日からダンナが出勤だったので、残り600ページ強 イッキに読んでやった(笑)
持って読むのが疲れるくらい分厚い本だけど、話の中に引きずり込まれたらあっという間でした。

久し振りに面白い綾辻さんが戻ってきた!!! 嬉しい~!!!って感じ。個人的には。

2009年の「このミス 第三位」らしいですが
私個人の感想としては『ミステリー』では無いな・・・。
『ホラーと本格ミステリの融合』という歌い文句ですが
『ホラー』ですね。そんなに恐くないし、そんなにエグくもないけど。

前半の「Why?」は謎と言うよりも物語の導入的な感じだし

後半、犯人当て的な要素もありますが

「フーダニット」ではなく「WHO?」だしね。

↓ ↓ ネタバレ弱 注意!!! (これからこの本を読む人は楽しさ半減するので読まないでね)


なにより根本的な謎は解明されないしね。

その「WHO?」が

名前落ち
映像化不可能落ち

というよくあるトリックだったので、そこだけは「綾辻さーん・・・」ってガックリ来ました。
いや、イッパイ伏線張ってあってね。
祖父ちゃんの台詞なんて、かなりの伏線なんだけど
ちょっと「???」って思ったくらいで
わかんなかったんだけどね(汗)
それでもちょっと。。。氏のミステリーが非常に好きなので。ファンとして。

でも最近の綾辻さんは、物足りない読後感の作品が多くて
「もう、面白い作品は読めないのかも・・・」と思っていたので
久し振りの大満足作品に出会えて嬉しかった☆
初ボケ。
今朝、洗濯物を干そうとして
二階のベランダに面した窓を開けたら
なにやら物干し竿に ブラ~リ と黒い物体 が!

は?
へっ?

あーあ。そうだ。思い出した!
昨日の二時ごろ、洗濯物を取り込む時に
ジーンズだけまだ湿っぽかったので
「夕方まで干しておこう」と思ってスッカリ忘れてたのだった(汗)

凍るよ~! バリバリになるよ~!>ジーンズ

昨夜はチロッと雨も降ったのよね。水分吸ったらそりゃ凍るわなぁ(笑)
カチンカチンってほどでもなかったので、
そのまま今朝の洗濯物と一緒に干してあります。
今日は、取り込み忘れないようにしないと(苦笑)
ダラダラさせてよ(苦笑)
バタバタと過ごした年末年始が終わり、気を抜いたところで夫婦揃って風邪気味に(涙)
高熱があるわけではないのですが、なんとな~くダルくて関節が重い。

なので、昨日に引き続き本日もダラダラと過ごす・・・ハズだったのに。

買出しから帰ってきて、昼ごはんを食べ終わったら
ダンナが
「イッパイ採ったからさぁ~。ささっと煮ちゃってよ!」とか言って
庭の金柑を収穫してきた。

kinnkann1

うん。そうね。だいぶ黄色くなってきて、鳥さんにも寄付したし
そろそろ採らないと自分達の分、無くなっちゃうもんね。
うん。わかってたけど・・・。

あなた。妻の体調、知ってますよねぇ?
一昨日から二人して、風邪薬飲んでますよねぇ?

『ささっと』って…。

やらない人は簡単に言うけどさ。
これ、煮るの2時間くらい台所に立ちっぱなしなんだよね・・・。
台所、寒いんだよね・・・。

なんで、よりによって今日なのよ。
もう一日くらい、ダラダラさせてよぉ~!!!

で。

kinnkann2

煮ました。

金柑を煮たシロップは、喉に良いらしいので
沢山飲んで寝てやる~(笑)
「トリガー」 板倉俊之
トリガートリガー
(2009/06/29)
板倉 俊之 (インパルス)

商品詳細を見る


読み始めは 過去最悪の読書(←クリック)の記憶が蘇りましたが(ちなみに、今売ってるこの本は全て正しい文章に直されてるそうです)
読みすすむうちに、段々ストーリーに引き込まれて止まらなくなりました。

えっとね。
構想やストーリーは非常に面白いの。
でも、文章が ヘタ。 ヘタすぎる・・・。

いや、ヘタといってもY氏の初版本のように文章が破綻してるとか、日本語の使い方が間違ってるとかでは無いのですが、なんていうのかなぁ・・・。
・・・文章のチョイスがヘタ・・・?
なんとなく「先にトリックありき」の山村 美紗氏の文体に似てるかも。

でも、『一つの銃が所持する人によって
こんなにも違う事態を引き起こす』というのは、いろいろ考えさせられるところもあって良く出来ているし
ラストも、
「ああ。結局コレか・・・」っていうトコロからもう一ひねりあったりして面白かったです。

もうちょっと文章力が付けば、ものすごい作家さんになるかも!
お笑いのネタのほうは、あんまり観た事ないんだけど
これだけ構成力があったら、ネタも面白そう。
あけましておめでとうございます
新年あけまして おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

+++++++++++++

30日から自分の実家に帰って、大掃除&お節作り。
以前はマメに動いて手伝ってくれていた父も、病気をしてから手伝ってくれなくなり(当たり前か)
ぬくぬくとテレビを観ながらお茶をすする男二人を恨めしく思いつつ
適当に働いてまいりました(笑)

ジャニーズで年を越し、お墓参りして
ダンナ実家に挨拶して、やっと帰宅。

残りのお正月は、思いっきりゴロゴロしてやる~!!!
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。