*All archives* |  *Admin*

2009/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手作り石鹸「#12 ローズマリーとアーモンドのシャンプーバー」
先日購入した『アクリルモールド』をついに使う日がやってきました!!!

ジャーン!!! 


mo-rudo1


今回はシャンプーバーです。
とは言っても、体や顔に使えないというわけではなくて、
『特に髪に良い』成分を配合して作りたかったダケだけど。
椿オイルは、手元に無いし高価なので
今回は手元にあるオイルだけで作ることに。

なので、オリーブオイルを多めに50%
髪がサラサラになるという噂のアーモンドオイルを15%
ある程度の固さもほしいのでパームを15%
これだけだと泡立ちが弱いかなぁと思ってココナツも10%

アーモンドオイルをもう少し入れようかとも思ったのですが
初めて使うオイルなので(いや、高いし・汗)15%に押さえました。

水分はローズマリーのハーブティー。
ドライハーブのローズマリーも細かく擦ってトレース後に投入。

2009年 5月 26日 作成 
2009年 5月 31日 型出し

さて、アクリルモールドの初めての型出し。緊張します。
押し出し板をセットして、ゆっくりと押し上げ・・・。
って、私がやろうと思ったのですが写真を撮りたかったので近くにいたダンナにお願いしました(笑)


mo-rudo2

うぉー!!! 感動のするどいエッジ!

で、ダンナが案外楽しそうだったので
オオザッパな性格の私より綺麗に出来るだろうと思い(笑)
几帳面で器用なダンナにカットしていただきました。

↓ ダンナ真剣。メモリの付いたカットボードを要請されたのでエコクラフトで使ってるのを出した。
  そっか!これ使えば均等な幅に切れたんだ!と今更思う私(苦笑)
mo-rudo3

で、こちらがカットした石鹸。

syanpoo

おお!こんなに綺麗に切れるとは・・・感動です。

+++++
・精製水 180g (大匙3 のローズマリーでハーブティーに)
・苛性ソーダ 64g (10%d)
・オリーブオイル 300g
・スィートアーモンドオイル 75g
・パームオイル 75g
・ココナツオイル 50g
・ドライハーブ ローズマリー 大匙1
・エッセンシャルオイル ローズマリー 40滴
・エッセンシャルオイル ラベンダー 30滴
・ホホバオイル 小匙1 (後入れ)

私はアロマの中で、ローズマリーのスッキリした香りがベスト3に入るくらい好みなので
カットしている間に、ちゃんとローズマリーの香りが漂っていたのが嬉しかった(笑)

さて、ちょっと柔らかめだし梅雨に入るから使えるまでは一ヵ月半くらいかかるかなぁ。
思った通りの使い心地になってくれますように(祈)
スポンサーサイト
私は石鹸シャンプーが好きなのに、あまり他人には薦めない理由
石鹸を作るようになってから、
私はずっと自分の作った石鹸でシャンプーしていて
それはとてもサッパリと気持ちよくて、このままずっと続けていくつもりだけど
あんまり他人には薦めません。

「どう?」って聞かれると
「私には合ってるみたいだけどね~」とか答えます。

何故なら、石鹸シャンプーってホントに賛否両論だから。

ネットでちょっと検索するだけでも
「髪のトラブルがなくなって、地肌のかゆみも消えた」
「毛穴のつまりが無くなって、美容院でも誉められた」
「脱毛症が治った」
「サラサラの髪になった」

という肯定派と

逆に
「乾燥しすぎてフケが増えた」
「美容院で、髪がバサバサだと言われた」
「洗髪時に髪が抜けすぎて薄くなった」

という否定派

両極端な意見が沢山出てきます(笑)

様はその人に合うか合わないかにプラスして思い込み度もあると思うんだけど(笑)
たとえば石鹸シャンプーが良いと初めから思い込んで使ってる人は
多少のパサツキもサラサラに感じるかもしれないし
逆に「石鹸でシャンプーなんてどうなの?」という感が強くて始めた人は
ストレスや加齢の抜け毛やフケも、石鹸シャンプーのせいだとおもうかもしれないしね。

シャンプー後のリンス一つとっても
「酸で中和しないとダメ」
「せっかくアルカリで綺麗にしたのに、頭皮に酸をかけるなんて信じられない」とかね。
科学的なことが、そのまま人体にあてはまるかどうかわからないし
ようは自分で人体実験しながら、合うのを見つけていくしかないわけで・・・。

私自身も
「石鹸シャンプーのほうが気持ちいい」と思い始めたのはココ最近ですし。
だって、どんなに良質のオイルで作ってても、石鹸は石鹸。
洗髪時、特に洗い流す時のキシキシ感は市販のシャンプーに比べたらそりゃもうストレスですよ!!!

だけど、市販のシャンプーやトリートメントには
あまり人の体に良いとは言えない化学物質がつかわれてる事も事実だし
あの指どおりの良さは、みつろう、シリコンやポリマー等で髪をコーティングしているからあたりまえなわけで・・・。

しかしながら『人体に良くない物質』とは言うものの
どれくらいのスパンで使えば悪影響が出てくるものなのか?
たとえばそれが、10年20年で害が出るのなら
そりゃもう
「みなさん、今すぐにやめましょう!」と言いますけど
考えてみるに、私だって生まれてから今までずっと
そういうシャンプーやリンスを使ってたわけですから
そのスパンが『積もり積もって100年』でなにかしらの影響が出るかもよ~ってくらいなら
気にならない人は
なにも毎日、キシキシと石鹸で髪を洗うストレスを感じる必要もないのではないかと。

『髪の美しさ』という点だけを考えれば
大企業が研究に研究を重ねてつくった『髪を美しく見せる物質』にかなうわけないですしね。。。

でも、最近
私は逆に、実家などで市販のシャンプー&リンスをつかうと
なにか髪に余分な物がついてるような気がして気持ち悪いのです。
あのツルツル感が不自然に感じるようになってしまったのです(笑)
抜け毛については、シャンプー時に市販のシャンプーで洗う時よりは少し多いかなと思うこともありますが
ブラッシング時に抜けるとかいう事はありませんし、
以前にストレスで髪が抜けていた時とはあきらかに違います。

それこそ、思い込みかもしれませんが (自分で作った石鹸はかわいいしね☆)
頭皮も髪も健康になってきた気がします。
リンスや髪をしっとりさせるスプレー等も、日々試行錯誤で作っては実験したりしてます(苦笑)
先日は、髪に良いという噂のローズマリーとナッツオイルでシャンプーバー(シャンプー用の石鹸)も仕込みましたしね(爆)
これがまた、髪に良いオイルとか成分とかを調べて
ああでもない、こうでもないと調合を考えるのが楽しいのよ(笑)

まぁ、飽きっぽい性格ではあるのですが これはなんらかのトラブルが発生しない限り続きそうです。

そんなわけで (← どんな理由か要領を得ていないが)
友達などに「石鹸シャンプーって、試してみたい」と言われれば
ホイホイと石鹸を差し上げますが、自信を持って「いいよ~!」って薦める事はしないのです。

あ!
シャンプーじゃなくて、洗顔や体を洗うのに使うには
本当にお薦めですよ>てづくり石鹸
お試しあれ~ (あげるよ☆)
実家にて
最近『塩の料理』にこっている父。
とはいっても、塩焼きとか塩漬けとか その程度だけど。

「それでさ~。ちょっと旨い塩を使ってみようと思って、『岩塩』てのを買ったんだよ。アルペンなんとかって。そしたら変な色でさ~。カビじゃないかと思うんだよね。買った店に持ってってみようと思って」

え~?
いくらなんでも、カビはえた塩は無いでしょ。
そもそも、塩にカビなんて生えないんじゃ?

と思って
「どれよ?」
と台所を見てみたら、そこにあったのは

『ハーブソルト』でした(笑)

…父が店に返しに行く前に気がついてヨカッタ☆
へんなクレイマーになっちゃうとこだったわ。
栗本薫さん
先日、グインを売ってきたこのタイミングでの訃報、
なんとも言えない気分です。

+++++

栗本氏を初めて知ったのは、中学生の時。
なんでも、
「SFで前人未到の『100巻』続くという宣言をして連載を始めた作家さんが
この学園の卒業生だ」
と一部クラスの友人が興奮しておりました。

その当時は興味が無くてグインサーガには手をつけませんでしたが

しばらくして「ぼくらの時代」で 大ハマリ。
・ぼくらシリーズ
・伊集院大介シリーズ
・六道ヶ辻 シリーズ
は何回も何回も読んで、ボロボロになったのが今でも本棚にあります。

氏の耽美小説とハードボイルドは 受け付けなかったし
すべての作品が好みだったわけじゃないけど

それでも、大好きな作家さんの一人でした。


一番好きな作品は
『優しい密室』 かな・・・『ウンター・デン・リンデンの薔薇』 かな。

中島梓名でのエッセイでは
『にんげん動物園』とか『息子に夢中』とか面白かったな。。。

心よりご冥福をお祈り致します。
手作り石鹸「#11 Sweet Orange」 ~ すっごい良い香り♪♪
牛乳を飲まないので、なかなか四角い石鹸が作れないんだけど
やっとアイスコーヒーの季節になって(笑)四角いパックが空いたので
前から作りたかった 『二色の石鹸』 を仕込みました。

そして、この後
「いろんな型で作るのもかわいいけど
やっぱり 四角い石鹸が基本よねぇ・・・。
いろいろ模様をつけたり、デザインを考えるのも四角が便利だし・・・。」と
念願の『アクリルモールド(石鹸用の型)』を注文しちゃった(汗)
長い目で見れば、高い買い物じゃない・・・ハズ(笑)

一日目にオレンジ色、二日目に白色の部分。
アルファベットのスタンプなど押してみました(笑)
・・・イニシャルにしようと思ったのに、間違った(爆)粗忽すぎるだろ>私

orange


2009年 5月 14&15日 作成 
2009年 5月 25日 型出し


☆オレンジ部分 ~ 前回同様「前田 京子」さんのレシピで。
・精製水 230g
・苛性ソーダ 80g
・レッドパームオイル 360g
・オリーブオイル 132g
・ココナツオイル 108g
・フレグランスオイル スウィートオレンジ 50滴

☆白い部分 ~ 白い部分で泡立ちを確保する為にココナツを30%
・精製水 120g
・苛性ソーダ 48g
・オリーブオイル 140g
・ココナツオイル 105g
・パームオイル 105g
・フレグランスオイル スウィートオレンジ 20滴

オレンジ色の石鹸タネは
それのみの使用感も試したかったので、多めに作って、オレンジだけの石鹸も型入れ。

前田さんの石鹸レシピは水分量が多めで
型入れから一週間たっても、柔らかめ。
切りやすくて良いのだけど、乾燥に時間がかかりそう。
白い部分は自分で計算したレシピだったので、固さの差がありすぎるんだけど
さて、使う頃にはどうなってるかしらん。

大好きなオレンジの香りを付けたので、
カットしている間、部屋中に甘い香りが広がって幸せな気分でした☆☆
ヤバい…
20090524225102
楽しいっす。
止められないっす。
御無体な・・・(笑)
何故だか再び燃えてる 『Wii テニス』

何回やってもダンナに勝てない。
ってか、1セットも奪えない(涙)
体育会系ダンナと完全文系の私。
当たり前っちゃ当たり前なんだけど、非常にくやしい。

だって!私は ゲーマーなのよ。(一応)
ゲームでダンナに勝てないなんてっ!!!

なのでダンナに
「左手でやってっ!!!」 とか言って左手でやってもらった。

……それでも勝てない。ダンナ余裕で笑ってる。

「じゃ、左手で ボォ~っとしながらやって!!!」
いや、もうこの時点でゲーマーの矜持もなにもあったもんじゃないが(笑)

……それでも勝てない。ダンナますます余裕で笑う。

「んっ、もうっ!!! じゃ、左手で ボォ~っとしながら 片目つぶってやって!!! 」

さすがに拒否されました(笑)やっぱり?無体すぎました?

だって、勝ちたいんだも~んっ!!!
木馬座
うわぁ。
このレコード (← クリック )ちょっと欲しいなぁ。

「ケロヨン音頭」と
「ケロヨンのうた」と
「幸せをまねくブーヨン」は 今でも歌えるゾ。。。。

……新しい歌がちっとも覚えられないのは
私の脳の中の『歌覚えるスペース』が古い歌でイッパイになってるからなんだな。きっと(涙)
☆石鹸の使い心地(2)☆
『ラベンダーブルー』

ao-u

顔や体を洗うと、ツッパリ感は無いのにサッパリした良い感じ。
色も丁度良い具合に落ち着きました。

髪の毛を洗った感じは今までの石鹸の中でピカイチです。
良く泡立ててシャンプーすると、頭皮までスッキリ洗えてる気がします。
その後『クエン酸』を水で薄めてグリセリンとエッセンシャルオイルを入れたリンスで中和すると
ドライヤー後の髪もサラサラです。
私の髪は直毛の剛毛なので、石鹸シャンプー中の絡みも少ないのな。
最近は違和感なく、石鹸で髪を洗っております。
ロングヘアーや柔らかい髪質だと、ちょっとイラツクかも。

泡立ちは良いのだが、泡持ちがイマイチ。
そこら辺を改良するとなると、ミリスチン酸とか入れるしかないのかな。
ちょっと抵抗あるんだけど。


『レッドパーム&ハニー』

caro-u

ラストのハチミツ投入後の撹拌が足りなかったのか、保温時の温度管理にムラがあったのか
ちょっと色むらがあるのが残念・・・。

しかし、期待通りの使用感♪♪
泡立ちは濃厚で、洗いあがりもシットリ。
泡立てネットにオイルのオレンジ色が移りますが、水で流すと綺麗に落ちます。

意外な事に、ボディシャンプー派だったダンナが
気に入ってこの石鹸を使っております。
固さがあるので、お風呂に置きっぱなしでもそんなに溶け崩れはありません。

しかし、髪を洗うのには向いていないようです。
泡立ちは良いのですが、しっとりし過ぎちゃって重い感じになります。
病院に行きにくい・・・
どうにも風邪気味で。
熱も咳も無くて、鼻風邪なんだけどさー。
月曜日に病院に行って、3日分の風邪薬を貰ったんだけど
イマイチまだボォ~っとした感じ。
あと3日分くらい薬を貰ってきたいところなのだが・・・。

でも、病院に行きにくいね~>今

月曜日に行ったのは小さな町病院なんだけど
「高熱のある方は、保険センターに電話して下さい」みたいな張り紙が何枚も貼ってあったり
受付でも
「海外や関西に行ってないか」しつこく聞かれたし。

いや、私。熱無いし。人との接触も少ないし。
逆に、ヘタに病院に行ってその後風邪が酷くなったりしたら、不安だっていうのもあるし。

今回の新型インフルは、毒性も弱いらしいけど
インフルエンザにかかるっていう不安もモチロンあるが
それよりも
万万が一、感染した場合 『埼玉で一人』とか報道されちゃうのが恐い。

なんか堂々と学校の名前とか報道しちゃって、本当に良いのか??
と思いつつテレビを観ております。

+++++

うちの回りも(埼玉県)実家の方でも(千葉県)
月曜日の夕方から、とっくにマスク売り切れ状態ですよ。
炒る人
何回も書いてるが(苦笑)
家のダンナは、家事も料理もしない人。

しかし、なんだか最近 『炒り黒豆』 にハマッテて
切らすことなく買って食べてたのだが

一ヶ月ほど前からとうとう
「オレ!作るぜ!!!」みたいな感じで燃え出して(笑)

自分で作り始めました。

乾燥黒豆を買ってきて、2~3時間水にひたして
よく洗ってから、卓上コンロの超弱火でコロコロ コロコロ。

mame1

飽きることなく、豆がカリカリになるまで 40~50分。

mame2
出来上がり~☆☆

一日おきくらいに作ってます。
作るたびに確実に、カリカリ度が増して上達しておりますな。

「塩も醤油も足さない!!! 自然の味で勝負!!!」 だそうです(苦笑)

・・・・・・・その 情熱を他の料理にも向けて欲しいと思う妻でした。

ま、体に良いし美味しいからイインダケド・・・。

手作り石鹸「#10 蓬マルセイユ」
今回は石鹸の王道 『マルセイユ石鹸』に挑戦。
オリーブオイル72%、すべて植物性のオイルなので
その使い心地は極上で、もちろん肌にも優しい。

しかし、オイルの配合からいって、トレースが出るのは遅く
一日がかりになりそうな予感がしてたので、今まで躊躇っていたのだけど
長いGW明け
「石鹸。作りてぇ~!!!」という湧き上がる欲望(笑)
この勢いにのって、マルセイユ作るしかないでしょう(爆)

実際に作ってみたら、割と時間かかりませんでしたけど・・・。

yomomaru


2009年 5月 8日 作成 
2009年 5月 14日 型出し

↓ こちらの本のレシピを基に、蓬のハーブティーで作成。
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブックオリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
(2001/03)
前田 京子

商品詳細を見る


・精製水 175g
・苛性ソーダ 59g
・オリーブオイル 320g
・ココナツオイル 79g
・パームオイル 45g
・ヨモギ粉末 大匙3(ハーブティー)
・フレグランスオイル ローズアップル 20滴
・ハッカ油 小匙1/2
・うこん粉末 小匙 1 (色付け用)

今回は、蓬をハーブティーにして使用。
綺麗な緑にはならないだろうと予想はしてたけど、
何この色!・笑
なんか、『芋羊羹』っぽくて美味しそうだけどさ~(汗)
やっぱり前回の後入れが一番蓬っっぽくなるのかな。
うこんの黄色を利用したマーブル模様失敗(汗)
マーブルっていうより、汚れっぽいかも。

一週間後の型出しは、
なんだか、すぐにでも使いたくなるくらい滑らかな感じ。
いえいえ、シッカリ 一ヶ月~二ヶ月は熟成させないとダメですけどね。危険ですからね。

今回も『ブルガリアヨーグルト』の空き容器を使ったので
大きさが揃ってないけど・・・。

うふっ☆
初めて自分で作った『マルセイユ』
早く使ってみたいなぁ~♪♪
とうとう・・・売っちゃった > グインサーガ80冊
中盤までは、本当に面白くて
読み出すと止まらなくて大変だったんだけど

あの方が亡くなって、しばらくたったあたりから
なんとなく「あれ???」って感じになってきて

「こんなに収集つかなくなっちゃって、ダイジョブなんだろうか?>この話は」てな感が強くなり
70巻過ぎ辺りから、海外生活で日本に帰ってこないと新刊が読めなくなってきて
それでもしばらくは日本に一時帰国する度に買ってマレーシアまで運んでたんだけど

80巻あたり(?あいまいな記憶です)アモンが出てきたあたりから
「とりあえず・・・帰国してからまとめて読もう」と買うのを止めて

で、日本に帰ってきたんだけど (いや、四年前だが)
他に読みたい本が沢山あって、後回しになり

そこまで間が空くと
「あれ?私、そんなに続きが気になってないんだわ」って事に気が付き

本屋でパラパラ捲ってみても、なんとなく展開に興味がわかず

それでも
「80冊以上もそろえたんだから!!!いつか続き買うだろ!!!」
と本棚の肥やし状態になってたのですが

本棚からあふれ出す新しい本を整理するたびに
「ああ・・・このスペース・・・80冊分・・・」的な気分になってる自分に気がつき

このGWに、とうとう売ってしまいました > グインサーガ

BOOK OFF にもって行くまで、
やっぱり「ここまで揃えたのに」的な気持ちがぶり返し
紙袋に入れては出し
車に積んでは降ろしを何回か(笑)

サッパリしましたよ~(苦笑)
ええ。本当ですとも。。。。

うん。どうしても読みたくなったら、また BOOK OFF で買えばいいんだもんね!(←違う!)
手作り石鹸 「#9 蓬の石鹸」
ヨモギを石鹸に使うのには
濃いハーブティーのように水分として加える方法、
あらかじめオイルに二週間以上漬けて使う方法、
トレース後に生地に混ぜる方法があるのですが
今回は、一番簡単な後入れにしました。。。。

なので、ヨモギのツブツブが残ってますが、これもまた良し(笑)

yomogi


2009年 4月 24日 作成 
2009年 4月 27日 型出し

・精製水 170g
・苛性ソーダ 66g
・オリーブオイル 200g
・ココナツオイル 150g
・ラード 150g
・ヨモギ粉末 大匙3
・エッセンシャルオイルレモングラス 40滴

思った以上に黒っぽくなったなぁ。
もう少し『草もち』みたいな色を期待してたのですが・・・入れすぎだったかしら(笑)
香りも『草もち』を期待して(笑)レモングラスで軽めにしたのですが、残るかしら?心配。

ヨモギの成分は非常に良いらしいので、期待しております。

+++++++

オリーブオイルに漬け込んで、インフューズオイルを作りたくて
100%のハーブティーを買い込んだ。

herb

「ラベンダー」「ネトル」「ローズマリー」「セイントジョーンズワート」

ラベンダーとローズマリーはお馴染みですが

「ネトル」は“いらくさ”って言った方が馴染みがあるかな。
なんの童話か忘れたけど(アンデルセンあたりか)
お兄さん達を悪い魔女の魔法で鳥に変えられちゃった女の子が
呪いを解くために、「一言も口をきかずにお兄ちゃんの人数分の服を編み続けなきゃダメ」って言われた植物だよね。
あんまり知ってる人はいないか・・・(笑)

「セイントジョーンズワート」は
ハーブティーやアロマスチームにすると、鬱に効くらしいです。毒性や副作用もあるらしいですが・・・。
もちろん、石鹸にそのような効果は期待できないので 専ら「美肌効果」を狙っております。
これも「セイントジョーンズ」っていうと馴染みが薄くて、
でも和名は“オトギリソウ”昭和の時代(笑)母方の田舎(福島県)では、これを干して焼酎に漬け込んだものを
傷や火傷、湿疹の薬として万能薬みたいに使ってました。
なので、肌の修復効果もかなりあるのではないかと・・・。

さて、どれから試そうかな~☆☆

<追記>
上の童話、コレ (←クリック) でした
「日本人の知らない日本語」 蛇蔵&海野凪子
日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る


非常に面白かったです。
殆ど漫画なので、読みやすくて為になる。
日本人学校の先生の体験談で
軽く読めて、すごく笑えるんだけど、「なるほど~」とか「そうなんだ~」と自分の無知も再確認(笑)
日本人にとっては、当たり前(っていうか深く考えたりしない)
だけど、改めて聞かれると知らないな~。とか説明できないなぁ~って事案外多いよね。
外国人生徒さんとの、日本語バトルが最高です。

「才」と「歳」の使い分けとか
「シカト」の語源とか
知ってます??? 私は全然知りませんでした(汗)

近頃の接客の敬語は、私もとても気になってましたが
敬語って難しいから、「モシカシテ ワタシガ シラナイダケカモ」って自信なくしたりしてましたが
この本を読んでスッキリ☆☆
あの頃の親と同じ年代になって解る事ってあるよね
この週末は、清志郎の映像がテレビで流れるたびに涙ぐみつつ過ごしました。
つい観ちゃうのよね・・・。

昔、『越路吹雪』さんというシャンソンの女王と呼ばれる方がいて
私の母親が大ファンだった。

その越路吹雪さんが、亡くなった時 (私は中学生か高校生くらいだったかな)
母はそのニュースを聞いて

「コーちゃんが・・・コーちゃんが死んじゃった」と泣いた。
母は家でもよくLPやテープを聴いていたので、私も結構好きで一緒に聴いたりしてた。
けれども、私にとっては「あくまでテレビの中の遠い人」で
本気で悲しそうな母の気持ちは、良くわからなかった。

正直に言うと
「なんで、身近な人でも無いのに・・・」くらいに思ってた。

今は、あの時の母の気持ちが本当に良くわかる。
遙か遠く雲のかなたのスターでも、
彼の歌で、感動したり興奮したり泣いたり、そんな日々が
スゴイクサイ言い方だけど『宝物』で『日常』だったから。

相手側からは遠くても
コッチ側からは、すごく近かったから。
なんつーか・・・自分の中の『青春』が一つ終わった感じ。

今でも、新旧問わず好きなバンドや芸能人は沢山いるし、ジャニも好きだし
ダンナが呆れるほどキャーキャー騒いだりもするけど

それとはまた、別の感じなんだよね~。。。。。
マジ?
「ハッカ油でダイエット」  ← クリック

至上最強に重くなってた体重を、去年4㌔くらい落として以来、ダイエット停滞期が半年続き (もはや停滞期とは言わない・笑)

すっかりやる気を無くしてる私に朗報????

いや、ダイエット記事を検索してたわけじゃなく
てづくり石鹸の香り付けに使う『ハッカ油』を検索してて、たまたまみつけたんだけど。。。

父の所からくすねてきた『ハッカ油』が少し残ってるから試してみようか・・・。
でも、冷えそうだよね。
私、夏でもメントール系の入浴剤は苦手なんだもん (← ダメじゃん!)
メモリ増設
20090508190202
パソコンを買い換えるのも
更新したばかりのセキュリティーソフトを買い換えるのも
なんかな~って感じだったので、
とりあえず『メモリ1G』ほど増設してみた。

おわっ!

速くなったぞ~o(^▽^)o
ついに手を出した……手作り化粧水
石鹸を作り始めてから
いつかは、手を出すんじゃないかと自分でも思ってた『手作り化粧品』

このGWに・・・案の定・・・(笑)

2月に花粉症のクスリを飲み始めてから、
クスリの軽い副作用でホルモンバランスが微妙らしく (医者からも予告されていた)
顔には出来ないのに、顎の下にポツポツと小さな吹き出物が出来るようになって
市販の薬など塗ってみても効果がイマイチでムカついてたのよね(笑)
普段は鏡を見ても見える位置じゃないし、そんなに気にしないんだけど
顔を洗う時に、指に小さなポツポツが触れるのって
『キィィィィ~!!!』ってなるのよ(苦笑)

そんな時に、湿疹には「ヨモギ」が効くというのを聞いて
丁度、石鹸に入れようと思って取り寄せてた『ヨモギパウダー』があったので
手作り化粧品系のサイトを参考に 作ってみました。
このために高い材料を買っても、後々使うかどうかわからないので
そこら辺は、適当に。

右の透明な瓶は (酒の瓶だが、そこはスルーで・笑) 『基本の化粧水』
・精製水
・グリセリン
・クエン酸
・ウォッカ

これは、顔や体にバシャバシャつけます。

左のおどろおどろしい色の小瓶は『ヨモギの化粧水』
・精製水 + ヨモギ汁
・グリセリン
・ウォッカ

これは、顎だけに使ってたんだけど
思った以上に保湿効果もあったので、顔にも使用中。
クエン酸を入れるとヨモギの何かと反応するのか、ドブドロ色になったのでビックリして入れないレシピに。
一週間で、顎のポツポツが無くなったのには感動した!!!
ヨモギ グッジョブ!!!


手作り化粧水は、腐敗が恐いので(私が恐がってるだけで、実際はもっともつと思うけど)
3日分くらいしか作れないのが難ですが、混ぜるだけなので朝ごはんのついでにとか作ってしまえば“わざわざ”という感じもありません。

使用感は、遠慮なくバシャバシャ使えて刺激も無くGOODです。

水で潤う

って感じするよ~(笑)

ただ、アルコールに弱い人にはウォッカ入りのレシピは不向きですね。

朝、洗顔後にも使うので

朝から酒くせぇ~!!!

感アリアリです(笑)



losyon

GW終了
長かったような短かったような
我が家のゴールデンウイークも、本日で終了です。

前半は実家で過ごし、後半は『Wiiテニス』熱再燃の日々でした(笑)

食事の支度ばっかりしてるような気分はアレだけど
朝のバタバタが無いのは休日の利点よねぇ。

+++++++

セキュリティーソフトをバージョンアップしてから
インターネット環境が最悪です。

光回線なのに、ダイヤルアップの頃のテレホーダイタイムのような遅さ・・・。
ウインドウを開くのが遅いのはまだしも (全然“まだしも”じゃないが・苦笑)
閉じるのさえ鬼遅いってどうゆうことよ?!
フリーズしたかと思うような速度よ。

アンインストールして別のソフトに変えようかな・・・。
でも、更新料払ったばっかりだから・・・。
いや、そもそもメモリの問題かもしれんし
ハードディスクの調子は前から悪いし・・・。

パソコン買い換える金は無し(笑)
ショック・・・
久し振りに自分の家で、ゆったりとした朝を向かえ
のほほんと大あくびなどしつつ、テレビを付けたら
突然の訃報。

清志郎・・・・・・。

死んじゃった・・・・・・。

まだ 信じられない・・・・・・。
読書中
yokkuneの今読んでる本
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

yokkune

Author:yokkune
埼玉在住。
主婦。
活字中毒。
ゲーマー。
呑み助。
食欲魔人。

月別アーカイブ
メールはこちらから
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。